牛一〜元気を与える〜

理念体系図


創業の精神


「肥後屋精肉店」は、私が生まれた昭和46年に創業、父と母2人だけ、借金200万円からのスタートだった。

肉を切る父、対面販売で接客する母。二人はいつも笑顔、朝早くから晩遅くまで、とにかく働き者の両親であった。

 「ありがとうございます!」その元気な声は、「今日も私たちから買ってくれてありがとう」という心からのメッセージ、「また待ってるからね」という「想い」に満ちあふれていた。

二人の笑顔が、私にはまぶしかった。

1020円のお代を「1000円でいいよ!」笑顔で伝える母。
「あらホント?」嬉しそうなお客様。みんな笑顔で帰っていった。

配達は単車。暑い日も、凍える冬も天文館を一人で走り回る父。幼稚園のお迎えも単車。 配達車を買うお金もなかった。羨む事もない。父の広い背中に掴まるのが楽しみだった。

お一人おひとりのお客様を大切に、身を粉に働く、そんな両親の背中を見ながら私は育った。

そして平成17年、私は社業を継いだ。私もお客様を笑顔にしたい!その一心で。

後継の日、冒頭の質問を母に投げかけてみた。
「もちろんよ、手羽先5本買ってくれたお客様・・・」
満面の笑みで答える母。昔を懐かしむかのように。

創業者がお客様にお届けしてきたもの。それは「お肉」ではない。
 「心を込める」ということ。「元気づける」ということ。これが牛一の創業の精神である。

この創業者の想いをお一人おひとりのお客様に届けることで、日本の食卓を元気にすることができる!そう信じているのである。 

経営理念


元気を与える
私たちは食肉事業を通して
お一人おひとりに元気を与えてまいります

事業目的


1)鹿児島畜産界の発展に寄与する
2)すべての働く人々の幸せ、成長、自己実現

社訓


笑う門には福来る
辛い時こそ、笑う門には福来る!
順境の時は、浮かれず謙虚に、
希望を持って笑顔で生きる。

我が社の使命


私たちの提供する「お肉」は感動のシーンを創る
贈る喜び、頂く喜び、祝う喜び

繋ぐ喜び

経営ビジョン


愛されて100年企業

人事理念


「元気を与える」人財になる

‣明るく素直で前向きな人

‣自分が源と考えられる人

‣人の喜びを自分の喜びと考えられる人

‣仕事に責任を持ち、必ずやり遂げる人

‣ありがとうを率先して伝えられる人

心得十か条


一、私は今日一日、明るく、元気に、笑顔で行動します。

一、私は今日一日、一つひとつの仕事に「心を込めて」実行します。

一、私は今日一日、決められた手順を守り、確実で綺麗な仕事を心がけます。

一、私は今日一日、チームワークを意識し、仲間と共に協働します。

一、私は今日一日、お客様の安全を守るため、衛生面に細心の注意を払います。

一、私は今日一日、整理•整頓•清潔を自主的に行い、生産性向上に寄与します。

一、私は今日一日、与えられた仕事に一所懸命取り組みます。

一、私は今日一日、仕事の先を読み主体的に自分から行動します。

一、私は今日一日、創意工夫を重ね、効果的・効率的な仕事に繋げます。

一、私は今日一日、牛一理念・方針・目標を確認しその実現に向けて最大限努力します。

 

社長ミッション


すべての働く人々の幸せ、成長、自己実現
すべての働く人々が牛一で自己実現できるよう、最大限の支援を行う。

元気を与える
お一人おひとりに元気を与える。
乗り越えられない壁はない!という事を自らが源となって示す。

自己投資を続ける
より良き人格を目指し自分を磨き続ける。

畜産界の発展に寄与する
日々移り変わるお客様のニーズにお応えできる商品•サービス•技術を創り出し、畜産界の発展に寄与する

永続企業の礎を創る
永続企業にふさわしい理念•コアコンピタンス•システム•財務基盤•優秀な後継者を創り、永続企業の礎を創る。